化粧水には様々な美容成分が含まれていますが、中でもコラーゲンとヒアルロン酸は人気です。

コラーゲンは肌のハリと弾力を維持するために欠かせない成分ですが、化粧水等で肌の外側から補ってもあまり効果がないと言われる事があります。

実際、コラーゲンは高分子成分で分子一個分が大きくなるため、皮膚につけても大きすぎて染み通ることができないとも言われていました。

現在は肌に浸透しやすいように低分子化されたコラーゲンが配合された化粧水も販売されるようになってきています。

低分子コラーゲンが配合されている化粧品かどうかをチェックしてから買うようにしましょう。

近年では、化粧水にコラーゲンを入れる時には、肌のハリをよくすることを期待するのではなく、保湿力の高い肌になるための成分とも見なされています。

コラーゲンを皮膚の外部からつけることでハリのある状態にすることは困難ですが、コラーゲン入りの化粧水は水分を蒸発しづらくする性質を持っています。

肌の保湿といえば、ヒアルロン酸が有名ですが、ヒアルロン酸だけではすぐに蒸発をしていく事になります。

皮膚の水分が失われてカサカサにならないようにするには、皮膚の保水以外には、毛穴からの水分蒸発予防がポイントになります。

水分の蒸発を防ぐ為には、コラーゲンも有効な成分のひとつとなってきます。コスパ 日焼け止め

コラーゲンや、ヒアルロン酸が含まれているという化粧水は多いですが、個々の成分がお肌にどう影響するかを知った上で使うようにしましょう。

乾燥した肌や、弾力を失いつつある肌にどんな成分を補うと美容効果が高いのかを踏まえて、自分の肌に合わせた化粧水を選択してください。